英会話の勉強

図書館の書架

子ども英会話とは、ゲームやアクティヴィティなどを通じて、英語を学ぶものです。子どもが英語を学ぶのは様々な利点があります。 例をあげると、 子供英会話を受けることで、学校で英語を学ぶときに、苦手意識がないこと。 英語にいいイメージを持つこと。 発音がよくなること。 英語の語彙が増えること。 などが挙げられます。(レッスンの量、質などにによります。) しかし、親がいくら英会話を習わせようとしても、子どもに意欲がなければ逆効果になります。子どもの楽しいと思えるようにしていくことが重要になってきます。 また、子どもをバイリンガルにしようと思っている人もいます。 しかし、一週間に一度ほどのレッスンではバイリンガルにはなりません。 また、英語の文章などを、自分で作れるようになるのは、大人になってからの方が 理解ができます。 英語に耳を慣らしたり、親しみを持ったりすることの方が、子ども英会話で重要なことです。

子ども英会話は、使い方でとても良い結果になります。 子どものときから英語に触れていれば、学校で本格的に英語を学ぶときの良い準備になります。また、将来の可能性を広げ、国際的な目で将来を考えていくことにもつながっていきます。 また、子供のときに、勉強をしなかったからと言って、英語が流暢に話せるようにならないわけではありません。かえって文法などは、大人の方が理解が速いこともあります。 問題は、いかに英語に子供のときから親しみ、苦手意識を持たせないか、 ということが、重要なポイントです。そして、大人になってからの将来にどのようにつなげていくかということです。 あくまでも、子供のときから、英語を流暢に話せるようにしようと思ってはいけません。視野を広げるための手段として考えるといいと思います。